Answer is Best!

中小零細企業の経営者と共に考える
新たなブレインとして、企業と従業員の
ベストな未来を導き出します。

私たちアイマーク株式会社には、20年に渡って平均すると年利10%以上の運用を達成した長期資産運用のノウハウと、どのような企業でも取り入れやすい多様な手法があります。
経営に合わせて選べる3つの企業型確定拠出年金や貯蓄性の高い保険で作る退職金など、長期に取り組む課題にこそ活きる資産運用のご提案があります。


Answer(アンサー)について

Answerは、企業型確定拠出年金をはじめとした長期資産運用で、
経営者と従業員の退職金作りをサポートする サービスです。


長期資産運用は、退職金を捻出するのが難しい中小零細企業において、積立よりも効率良く節税しながら退職金を作り出すことができます。
国民の8割が老後のお金に不安(※)を持つ中で、退職金は老後資金に直結します。退職金制度の拡充は、従業員や経営者にとってもより魅力的な福利厚生となります。

Answerでご提案する企業型確定拠出年金は、従業員に対する資産運用の継続教育がセットとなっています。従業員が自身の力で退職金を増やせるだけでなく、継続的なサポートによって運用に対する耐性もつき、老後の資金不安を解決する一生モノのスキルが身につきます。また、導入によって起きる退職金制度の変更など、経営者の負荷が大きい業務も徹底してサポートいたします。

※出典:令和元年度 生活保障に関する調査
《速報版》令和元年9月発行-公益財団法人生命保険文化センター

導入後のサポートはこちら


「人生100年時代」の資産運用

日本は今「人生100年時代」と呼ばれる、かつてない高齢社会を迎えようとしています。状況はさらに深刻です。かつてないほどの低金利政策が、預貯金から生まれる利息を吹き飛ばしてしまいました。以前なら老後に向かって資産形成し、老後は公的年金をたよりとし、足りない分は銀行に預けた退職金や貯金を取り崩していくという考え方で、問題なかったかもしれません。
しかし、社会の構造やシステムの変化に伴い、老後に対するお金の考え方は、確実に変化することが求められています。

「人生100年時代」に備えた資産形成や資産管理を検討する場合、人生を3つの「ライフステージ」に分けて考えてみることにしましょう。


現役期

  • 早い時期からの資産形成の有効性の認識
  • 少額からでも長期・積立・分散投資などによる安定的な資産形成
  • 自らにふさわしいマネープランの検討

リタイヤ前後期

  • 退職金がある場合、それを踏まえたマネープランの検討
  • 就労継続や収支の改善策の実行
  • 資産運用継続と計画的な取崩し

高齢期

  • 心身の衰えを見据えたマネープランの見直し
  • 認知・判断能力の低下・喪失への備え

ライフステージ別の資産形成

※出典:金融審議会「市場ワーキング・グループ報告書」

❶現役期は資産運用においては、助走の期間。
現役期のさまざまな投資経験が、❷リタイヤ前後期の円熟した資産運用につながっていきます。
このステージで大切なのは、健康を維持すること。企業による「健康経営」の支援が、退職後の社員の健康寿命を伸ばすことにつながるはずです。健康寿命を延ばすことは、資産寿命を延ばすことに直結しています。
❸高齢期に入り、心身の衰えを実感するあなたは、資産を成長させながら取り崩すという手法により、少なくとも経済的に、子供や親族に頼る必要のない生活を送ることができることでしょう。


培ってきた長期資産運用のノウハウで 企業と従業員の今、そして未来を守る。
それがアイマークの答えです。

20年のノウハウを活用した退職一時金の作り方や、福利厚生プランのご提案、事業保険の整理など
中小零細企業にとって嬉しいサポートも豊富に取り揃えております。


店舗案内introduction

アイマーク株式会社

[営業時間]
9:00〜18:00 / 定休日 日・祝

〒425-0035 静岡県焼津市東小川2-6-35